Gracemanners International


Profile

佐藤 あけみ
北海道北見生まれ。
札幌の短期大学を卒業後、自動車ディーラーに勤務。その後上京。
東京ディズニーランド コカコーラVIPラウンジ勤務。
ブリティッシュエアウェイズ(英国航空)客室乗務員として勤務の後札幌に戻り、ヒルトン小樽で人事部研修担当主任として勤務。接遇マナー講師・接遇英会話講師を兼任。
その後独立。
アトランティスビューティカレッジでパーソナルカラーを学ぶ。
ロンドンのスクールで英国式ティーマナーを学ぶ。
Diploma取得。
2007年6月 スイスのフィニッシングスクール『ヴィラ・ピエールフー』留学。IEPコース修了。
現在、企業、大学、専門学校等で接遇マナー・コミュニケーションスキル講師、司会として活動中。

ごあいさつ

みなさん、はじめまして。佐藤 あけみです。

私は北見生まれの北海道育ち。
北海道が大好きで、でもそれ以上に世界の国々を知りたいという気持ちが強く、客室乗務員になるのが小さい頃からの夢でした。
何年もかかってやっとの思いで念願の仕事に就くことができ、忘れることの出来ないかけがえのない時間を過ごすことが出来ました。

その後、札幌に戻ってからは今度はまた別の山に登ってみたいと思うようになり、スイスにある世界でも有数のフィニッシングスクールに留学することが新たな夢となりました。
2007年、その夢を実現させたとき、そこにはまだ見たことのない世界が広がっていました。
このスクールで教わったことは数え切れないほどありますが、中でも、当たり前のことをきちんとし、相手に対して敬意と思いやりを示すことの大切さ・・・。
規律正しい寮生活と多方面に及んだ様々な授業を受ける中で、私は自分を表現すること以上に相手に愛と感謝と敬意の気持ちを伝えるために各国の文化や歴史、習慣を学ぶことの大切さを学びました。

日本人には日本人の良さがあります。
人の気持ちを察する高い能力と奥ゆかしさで相手に対する敬意を上手に表現することが出来る・・諸先生方からそのように言っていただいたことで、私は日本の良さに改めて気がつき、誇りを持つことができました。

【人は誰でも人を幸せにする力がある】

人は他人のために存在する。
何よりもまず、その人の笑顔や喜びがそのまま自分の幸せである人たちのために。
そして、共感という絆でむすばれている無数にいる見知らぬ人たちのために。
-アルバート・アインシュタイン

私の大好きな言葉です。
誰でもやさしい笑顔やちょっとした一言で周りの人たちを温かく幸せな気持ちにすることが出来ます。

『マナーは堅苦しいものではありません。』

企業研修やマナーレッスンを通して伝えたいのは相手に気持ちを伝えることの大切さです。
人は自分でも気がつかないうちに言葉や表情、しぐさ、笑顔から様々なことを相手に伝えてしまっています。 自分を客観的に見つめる機会を持つことで観察眼と美意識を磨くことができます。
グループ研修では他の方の良さを見つけることで、ご自身が持つ良さをさらに知る機会になると考えています。

『楽しく、わかりやすく、すぐに役立つ』

笑顔の絶えない明るい雰囲気の中で、新たな発見をし、ずっと心に残る、そんな研修を心がけています。

これから、日々感じたことなどをブログでもお伝えしていきたいと思います。
どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

グレイスマナーズ インターナショナル代表 佐藤 あけみ

©2008-2018 Gracemanners International All Rights Reserved.